DVハネムーン期は底なし沼のようにズブズブと。

モラハラ・DV

f:id:nao_2205:20160413125320j:plain

こんにちは。七尾なおです!

DV(ドメスティック・バイオレンス)には、ハネムーン期と呼ばれる期間があるのをご存じですか?
ここに、暴力スパイラルから抜け出せなくなる第一のからくりがあるんです。

DVには定期的にハネムーン期と呼ばれる時期がやってくる

安定期(ハネムーン期)
暴力によってストレスが発散された状態です。比較的に安定した精神状態の為、安定期と呼ばれています。また、ストレスが発散された事により、優しくなってプレゼントなどを買ってきたり「二度と暴力は振るわない」と約束したり「俺が悪かった」などと泣いて謝罪したりするのでハネムーン期とも呼ばれています。そして次の暴力に向かってストレスを溜め込んでいく蓄積期に移行していきます。

DV(ドメスティックバイオレンス)のメカニズム

一般的にDVにはサイクルがあって、
蓄積期→爆発期→安定期(ハネムーン期)をくり返すと言われています。

読んで字の如くですが、蓄積期でじわじわとストレスをため込んで、爆発期で一気にドッカーンと放出する(暴力を振るう)んです。
で、そのあとスッキリしたらハネムーン期に入るのですが、これがやっかい。

DV初期の頃ならばまだ精神状態も健全ですから、暴力を振るわれた時点で
「なにこの人、信じられない。いますぐ別れる!」という結論に達しそうなもの。

ところがハネムーン期に入ったやつらは、それを巧みに阻止してきます。
それまでの尊大な態度をひるがえし、こちらが申し訳なく思ってしまうくらいの低姿勢で謝ってきます。
また、マシンガンのように愛の言葉を浴びせてくるかもしれません。

「今のぼくはどうかしていた。ぼくには君しかいないんだ。もう2度と乱暴はしないから、一度だけ許してくれないか」
「君と別れるくらいなら、ぼくはこの世から消えてしまいたい」

どの口が!

と言いたくなりそうなものですが、ここでドツボにはまるパターンも少なくないのです。

暴力をふるう時とのギャップにきゅんとしてしまう

DVの被害に遭うような人は、たぶん「ちょっとダメな男」に惹かれるタイプ。
弱みを見せられるとコロッといっちゃうんです。わたしはそうでしたね。

もちろん暴力はとんでもないけれど、こんなに反省して、こんなにわたしを頼って、こんなに愛してくれている彼を、一度の過ちで放り出せる?

否!

とか思っちゃう。

次は絶対に許さないけれど、今回だけは大目に見てあげよう。
そんなふうに思っちゃうんです。

ある意味ギャップ萌えですね。

他の誰も知らない、彼の隠された一面を知れた優越感を感じたこともあります。
決して褒められる部分ではないけれど、そんなところをさらけ出してくれるほどに自分が愛されているのだと。

良心の呵責に訴えかけてくる

ハネムーン期に入ったやつらの変わりっぷりは尋常じゃないです。

さっきまで、一段高いところから人を足げにしていたというのに、途端に地べたに這いつくばって土下座までやってのけます。

すると、それ以上強く言えなくなってしまうんです。
これは、わたしの自己肯定感の低さが原因だったのだろうと思います。本当であれば、こちらに明確な非もなく暴力を振るわれたのですから、はっきり言って警察沙汰です。

いくら謝ってもらっても足りない、というか、謝って済む問題じゃないんですよ。
そこで、被害者が「なんだか悪いな」と思う必要はまったくありません。

でも思っちゃう。そこをつけ込まれるんですよねぇ。

とても身近な大切な人を思い浮かべてみて

パートナーからの暴力を受けたことのない人は、そんな世界があるなんて想像できないんですよ。
だから、暴力に甘んじている人のことも受け入れられないんです。

では、こうしてみましょう。

あなたのとても身近な人、仲が良くて、お互いに好きだと感じている、とても大切な人を思い浮かべてみてください。
異性でなくてもいいです。同性の親友でも、とにかく仲良しの、大好きな人です。

その人が、突然あなたに暴力を振るいます。
理由ははっきりしません。少なくとも、あなたには理解できないような小さなことです。

どうしますか?

たぶん、心の中は怒りや悲しみ、疑問がぐるぐると渦巻いていますよね。

だって、とても大切な人です。今まで、こんなことは一度もなかった。
「なぜ?」と尋ねるかもしれないし、「どういうことだ!」と怒るかもしれません。

そんな時、相手が涙を流して「ごめんなさい。もうしません」と謝ってきたらどうでしょうか。

納得はできないし、簡単に許せない気持ちはもちろんあります。
でも、そこですぐに縁を切れるとも限らないですよね。
できることなら、一時の気の迷いだったのでは、と思いたい。

みんな、そう思ってはじめの暴力を許してしまうんです。

本当に優しいひとは、何があっても暴力を振るわないと心得よ

ハネムーン期は、暴力でズタボロにされた心や体を救い上げてくれる甘美な時間であることは確かです。
だからこそ、そこから這い上がるのは難しい。

でも、その相手がいなければそもそも、暴力に苦しむことはないんですよね。
本当に優しいひとは、大好きな人の体に傷をつけたりしないものです。ハネムーン期なんてなくたって、いつも優しいんだよ。