ライターが買うなら一眼レフorミラーレス?わたしが今のカメラを選んだ理由

こんにちは!七尾なおです。

ライターは本来「文章を書く」ことが仕事ですが、取材時の撮影を一緒に頼まれることもあります。Webライターはとくに多いかもしれませんね。そんな中で「良いカメラを購入しようかな?」と悩む人が多いみたいだなぁと感じました。

わたし自身は一眼レフを所有しています。購入にあたっての経緯や選んだ理由、また一緒に買っておいた方が良いものをご紹介します♪

ミラーレスではなく、一眼レフを選んだ理由

「カメラを買おうかな?」と悩む人の多くが、デジタル一眼レフかミラーレスかを決めかねているのだと思います。

わたしはあまりカメラについて詳しくないのですが、webメディアに載せる写真なら一眼レフでも、ミラーレスでも、なんならスマホでも、上手な人が撮れば大差ないんじゃないかな、という認識です。実際に、そういうの検証してる記事なんかもありますよね。言われないとどっちが一眼なのかスマホなのかわかんないですよ、わたし。

ただまぁ、下手な腕をカバーしてくれる効果はあると思いますね。一眼なら、うまいこと背景をボカしてくれて「それっぽい」写真が簡単に撮れたり。

ただ、いくら同じような写真が撮れると言っても、取材先でスマホ…?ってのがどうなのかなぁと思う人は多いはず。そこで浮上するのがカメラ問題です。

ミラーレスか一眼か、わたしもかなり悩んで、結局初心者向けの一眼レフを買いました。

決め手は「ゴツいカメラを持つだけで、取材相手が安心する」のだと聞いたから。つまり、印象が良いから。

え、それだけ!?って感じですけど、やっぱり相手が人である限り心象って大事だと思うんです。「ちゃんとしてるっぽい」「しっかり撮ってくれそう」という良いイメージを持ってもらうためには、一眼レフがもっとも適していると言って良いでしょう。

実際に自分がインタビューされる側だとしたら、やっぱりそうですよね?「写真撮らせてくださいね〜」って言ったライターなりカメラマンなりが、さっとスマホを取り出したら?「え…それで??」って思うじゃないですか。

それよりゴツめの一眼レフの方が、安心感ありますよね。「おぉ…」って。たったそれだけの理由で、わたしは一眼レフを買いました。

つってその頃、まだライターの仕事ほとんどなかったんですけどね。我ながら、よく買ったなぁと思いますw

けど、結果的には買ってよかったです。やっぱりクライアントに「撮影できますか?」って聞かれること、あるんですよ。その時「一眼レフ持ってます」って言えるのと言えないのとじゃ、ずいぶん違ってきます。

今は仕事で撮影も行いますが、カメラが必要な仕事なんて一つもなかった頃に、勇気を出して買っといてよかった…と心から思います。

 

今のカメラ【EOS Kiss X7】を選んだ理由

今わたしが使っているカメラは、キャノンのデジタル一眼レフカメラEOS Kiss X7です。初心者にも扱いやすいエントリーモデルとしてかなり売れた商品なので、知ってる方も多いかもしれないですね。

選んだ理由は単純で、安い・小さい・軽い・初心者向けとわたしにとってのメリットがてんこもりだったから。むしろ「これしかない!」と思いました。結果的に、とても満足しています。

重いとそれだけで持ち運ぶのがしんどいし、扱いが難しいと挫折します。もっと良いカメラはいくらでもありますが、そういうのを検討するのは、その時が来たらで良いのではないかと。

お堅めの取材に行くこともありますが、新聞社の人やテレビ局の人でも同じカメラを持ってる姿を結構見かけますよ。

ちなみに、この機種はちょっと古いので、EOS Kiss X9というのが後継機として販売されているようです。

 

カラーバリエーションが3つ!選ぶ楽しみがありますね~(●´ω`●)

 

一眼レフを買うなら一緒に買っておきたいもの

カメラを買うのと同時に揃えておきたいものをご紹介します。

SDカード

問答無用で必要ですね。わたしが使ってるのは32GBの。

写真一枚ごとのデータ量がはんぱないので、なるべく大容量のカードがいいです。わたしは今のところ使わないけど、JPEGでなくRAW形式で保存したりすると大変らしいから…。

あと、Wi-Fi機能がついてるのだと、パソコンにつなげなくてもスマホに写真を転送できるので便利だと思います。

レンズ保護フィルター

レンズが割れたり、傷ついたりするのを防いでくれるレンズ保護フィルター。わたしは標準レンズと望遠レンズの二本を持っていますが、使い回しはせずにそれぞれつけてます。

つけるレンズによってサイズが異なるので、間違えて買わないように注意を!

コアな人の間では、保護フィルターをつけると写りが悪くなるのでナンセンスなど言われているようですが、それよりわたしにとってはレンズを守ることの方がよほど大事です。

レンズ割れたら大変よ?商売あがったりよ?ねぇ。

液晶保護フィルム

スマホ新しくするときも買いますよね。カメラの液晶も保護しましょう。

ブロアー

シュッとやってホコリやらゴミやらを飛ばしてくれる。お手入れの初めにこれで飛ばして、それから拭き掃除すると傷がつきにくくて良いと思います、たぶん。 わたしは最初買わなくて、後々困りました。

クリーニングペーパー

レンズはもちろんカメラ本体も、ついでにスマホの画面とかも拭けちゃう万能アイテム。とりあえず買っといた方がいいと思います。これも買ってなくて、困ったので…。

レンズペン

レンズが汚れたときにササッとお手入れできるすぐれもの。レンズが汚れたり曇ったりすると当然写りが悪くなるので、一緒に買っときましょう。わたしはもちろん買ってなかったけど!

後から必要に応じて買い揃えたいもの

とりあえず最初はなくてもOK。必要になったら買えばいいんじゃないかな?と思うものはこちら。

ストロボ

経済誌の仕事を始めて、取材で必要になったので急いで買いました。カメラ自体のフラッシュでは弱い場合に使います。

あと、ストロボを使うとバウンスができるので、直接フラッシュの光を当てるよりふんわり明るくできますよ。ブツ撮りにもおすすめ。

バウンスとは
一般的には、室内での ストロボ を使った撮影で、ストロボ光を直接、被写体に当てるのではなく、天井や壁面などに向けて発光して一度反射した光を被写体に当てることを言う場合が多い。直接当てる場合より柔らかい光となり、影の出方なども抑えられる。
引用元:コトバンク

三脚・一脚

手ブレを軽減するなら、三脚か一脚があると良いですね。わたしは持っておらず、先日ようやく一脚を注文したばかり。使うのが楽しみです!

レンズフード

つけているだけでなんかカッコよく見えるレンズフード。これには、

  • レンズを衝撃から保護する
  • 横から日差しが入るのを防ぎ、画質を向上させる
  • うっかりレンズに触れて指紋がつくのを防ぐ

このような役割があるようです。

ちなみにわたしは持っていません。「絶対買ったほうがいいよ!」というアドバイスありましたら、お待ちしております。

カメラバッグ

カメラをタオルでくるんでいつものバックに入れる…という方法でもいいかもですが、やっぱり専用のバックがあると安心。

わたしはCHUMS(チャムス)のショルダータイプを使っています。(上記リンク先のものとは別。もう売ってないのか、見つからなかった)EOS Kiss X7ダブルズームレンズキットがそのまま収まることと、何よりデザインが気に入って買ったんですが、ちょっと使いにくいかな…。キッツキツなんですよね。

デザインは大事ですが、使い勝手も大事です!

また、手持ちのバッグがそのままカメラバッグになっちゃうクッションケースってのもあります。わたしは大きめのリュックで出かけるとき、これに入れていきます。

カバンが一つ減るのでラクですが、カメラの出し入れはしにくくなりますね。サッと出してサッと撮りたいときは、やっぱり専用のカメラバッグ持参の方が良いかも。

女の子におすすめ!いつも持ち歩くカメラだからこそかわいく♡

撮影スキルを上げるには、とにかくカメラを持ち歩いて撮りまくることが大事だそうです。そこで重要になるのが見た目!

いつも持ち歩くものだからこそ、見て触ってウキウキするものじゃなくちゃ!テンションの上がるアイテムと組み合わせれば、もっとカメラが好きになるはず♡

ということで、カメラをワンランクかわいくしてくれるアイテムをご紹介~。

ストラップ

カメラストラップ(長さ調節タイプ)/ブルーローズストライプ

 

※画像は一眼カメラグッズ専門店ミーナよりお借りしました。

レンズキャップ

デコレンズキャップ /ビスケットカメラ

 

※画像は一眼カメラグッズ専門店ミーナよりお借りしました。

まとめ

  • ライターのわたしがミラーレスではなく一眼レフを買った理由
  • カメラ選びで重視したポイント
  • 最初に買い揃えたい物

などについてご紹介しました。ライターがカメラを買うならどんなのがいい?と悩む方のお役に立てれば幸いです!

ちなみにカメラは目下練習中。あるときは「上手ですね!」と褒めてもらえたり、またあるときは「いまいちだね」と叱られたりしながら、精進しております…。

写真や画像が重視されるWebメディアでは、とくに撮影スキルが求められると感じています。ので、練習を重ねてスキルアップしたいですね!がんばろー(ง°̀ロ°́)ง

 

関連記事

【パパ向けコラム】妻へのホワイトデーのお返しに悩むメンズへ届け!

仙台宮城の子育てサイト「menco!」を立ち上げました

【読んだ】稼げるwebライターになりたいなら読むべき本

【おみやげ記事】牛肉のうまみたっぷり!岩手べごぱりのご紹介

ペンタブを買ったぞ!初心者がイラストを描き上げるまで

悩みまくった結果、ブログヘッダーはココナラで