さくらんぼ狩りなら山形へ!子どもから大人まで、ガッツリ楽しめるスポットだよ!

こんにちは!仙台在住、七尾なおです。

さくらんぼ大好き!この季節になると、毎年お隣の山形へ行ってさくらんぼ狩りに精を出しています。

この週末も家族4人で行ってきたので、わが家のさくらんぼ狩りの様子を写真多めでお送りします♡

三年連続!【喜三郎 さくらんぼ狩園】へ行ってきました

今回お邪魔したのは、山形県山形市にある喜三郎 さくらんぼ狩園さん。

わが家ではここ最近、毎年こちらへ行っており、今回で三回目になります。

屋根付きなので、悪天候の場合でも問題なくさくらんぼ狩りが楽しめるのがGOODですね♡

駐車場に車を止めたら、まずは受付を済ませます。

料金は大人1,500円、小人(5歳以上)1,000円で40分食べ放題!

 

……なんですが、実際のところ40分も食べられません。

その前にお腹いっぱいになっちゃうからね!!

受付を済ませると、「こちらへどうぞ~」と案内してもらえます。

 

写真を撮ったのはもう帰る間際だったので、お腹いっぱいになった娘がグッタリしておりますが……

入るときはもーウッキウキのハイテンションでしたw

 

前日の夜から「明日はさくらんぼ狩りだよね!」と大騒ぎしてましたからね。すっかり遠足気分。

そのせいでなかなか寝てくれなくて……(どうでもいい)

いざさくらんぼ狩り!やっぱり鉄板は佐藤錦♡

さくらんぼ狩りへ行くと大体、一部にネットがかかっていて、

「ネットの向こうは食べられません。でもこちら側なら好きなだけ食べてOK!」

というシステムになっています。

 

行く時期によって、どの種類のさくらんぼが食べごろになるかが違うんです。

今回は、ほとんど佐藤錦でした。

佐藤錦は山形県で佐藤栄助氏によって「ナポレオン」と「黄玉」を交配育成され生まれ、現在では「赤いルビー」と呼ばれ、サクランボの中では日本を代表する品種です。その生産量も国内ではダントツに多く知名度も高い品種です。
旬の食材百科より引用

 

どーん!

 

どどーん!!

 

見てー!キラッキラのさくらんぼ!!

 

木によって味が違うので、おいしいところはやっぱり品薄状態に。

というわけで狙い目は、断然手の届きにくい高所のもの!

真っ赤で大ぶりの、「めっちゃおいしー!」なさくらんぼが残っています。

 

脚立も置かれているので、ぜひ昇って探してみてください♪

6歳の息子、もうすっかり脚立の昇り降りも慣れたもの。

数年前はまだどうしたらいいのかわからず、オドオドしてたのにねぇ。

子ども達の成長を感じました

わが家では子ども達がもっと小さいうちから、何度もさくらんぼ狩りに来ています。

そうするとやっぱり、年々成長を感じずにはいられませんねー。

 

さくらんぼのタネ、ちゃんと出せるかな?

自分で取って食べられるかな?

脚立に昇りたいみたいだけど、落ちたりしないかな?

 

そのとき、そのときで、いろんなことに対して気を揉んできました。

いつの間にか上手に食べられるようになって、危なげなく脚立に昇れるようになって。

兄が妹に取ってあげる、なんて場面も目にしました(●´ω`●)

 

いつもは一つのお菓子をめぐって、くっだらないケンカ繰り広げてるのに……と思うと、ちょっとホロリとするねw

「ママ、あげるー」と息子から

 

さくらんぼ狩りの季節は、家族みんなで山形へ!

さくらんぼ好き&お隣がさくらんぼの産地として有名な山形ということで、わたしにとってさくらんぼ狩りはすごくなじみ深いお出かけスポットの一つです。

でも、みんながそうとは限らないですよね。

 

というわけで、少しでもさくらんぼ狩りの楽しさが伝わればうれしいな~と思います^^

さくらんぼがおいしい季節は、ぜひさくらんぼ狩りへ行ってみてねー!

 

――喜三郎さくらんぼ狩園――

  • 所在地 :山形市大字黒沢319-1
    (山形上山ICより3分、山形蔵王ICより20分)
  • 電話番号:023-688-5885
  • 開園時期:6月上旬~7月上旬
  • 営業時間:9:00~16:00
  • 公式HP  :http://kisaburo.jp/cherry/

関連記事

子どものドリルを手作りしました。幼児~小学生なら無料素材でOK☆

「人に迷惑をかけたくない」という考えを改めるための対処法

ライターは、情報を正しく、きちんと広めるのが仕事だなって

【小説・エッセイ等】BeFree創作部に参加しています

へこみやすい性格の人へ。一つの失敗がすべてをダメにするわけじゃないよ

2016年の気づきとともに振り返る。2017年の目標も!