考え方を変えれば、最高の結婚相手は見えてくる、かも

 

こんにちは!七尾なおです。

わたしは一応結婚しておりまして、夫が一人おります。先日、7年目?の結婚記念日をむかえ、結婚生活は8年目に突入したようです。決して順風満帆な結婚生活ではなく(今もだけど)、道中ではいろーんなことを考えて今に至ります。

で、思うんですよね。自分にとって最高の結婚相手とは、いったいどんな人なんだろう?と。

結婚の成功と失敗

●この結婚は失敗だった……
●幸せな結婚をして、ゼッタイに勝ち組だよね!

とまぁ、こんなふうに言ったり、言われたりするわけです。結婚の成功と失敗。そう割り切れるものでもないですよね。

うちはお金がなくてヒーヒー言っているので、お金は幸せになるために必要なものだと声を大にして言いますが、お金がたくさんあるから幸せってわけでもない。

昔つき合っていた彼氏は、家がお金持ちでした。商売人だったから、ケチだったけどね。

そして暴力ふるう人でした。お金があってもこれはNG。ダメ・ゼッタイ!暴力のある結婚生活からは全力で逃げるべき。身を守ることが最優先ですから!

 

というわけで、成功と失敗の定義はそう簡単ではないわけです。

他人から見たら明らかに成功だと思っても、自分にとってはそうじゃないことだってある。その逆もしかり。

ときどき成功、ときどき失敗だってある

誰にだって長所があり、短所があるといいます。

だから一緒にいて、「コイツとはもう無理だ!」と思うときがあったり、「やっぱりいい人かも?」と思うときがあったりしても、それでいいんじゃないのかな?

最近はそんなふうに思ったりしてます。

 

たとえばうちの夫の話をすこーしだけすると、ハッキリ言ってあまりわたしに対して興味がないw
いま何をしてるかとか、何に興味を持ってるかとか、たぶんどーでもいいんだと思います。

そこがちょっと悲しいような、物足りないような、そんなふうに思うことがあるんですよね。

 

「夫にアドバイスをもらった!」とか

「妻にこんなことをした!」とか聞くとさ、

 

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”nanao.png” name=”なお”] あーーーー!いいなーーーー![/speech_bubble]

 

ってなるわけ。

 

でもうちの夫の場合、口出しもしないし反対もしない。好き勝手にやらせてくれる、というのかな。有益な情報提供をしてくれない代わりに、無益な妨害をしてくることもありません。

マイペースを保っていたい勢のわたしにとって、あまり干渉されずに好きにできるこの環境が一番合っているのかもしれないなーと、思ったりしてます。

夫が反対しない&アホほど楽観的なおかげで、ホイホイとライター業とか始められたわけだしね。

結婚のカタチはそれぞれ。良いところをのばす作戦でいこう!

結婚願望がすごく強い方だったので、「結婚に対する理想」も、それなりにありました。今の結婚生活は正直なところ、当初の理想とはかけ離れている部分も大きいです。

けど、その理想って等身大の自分に当てはめた理想ではなかった気がします。たとえば理想の一つとして、専業主婦をつらぬいて、家で夫と子どもの帰りを待つ!というものがあったのだけど、そもそも専業主婦向いてなかったですし。

だからまぁ、まわりを見回して「いいなぁ」と思うことがたくさんあっても、今ここにある良いところをもっと活用して、のばしていけばいいのかなって。

見方や考え方を変えてみることで、いまある結婚生活の新しい側面が見えてくればいい……のかな?

と、そんなふうに思うのでした!

 

関連記事

「SNSで疲れた」と感じたら、見ざる・聞かざるでいいんじゃない?

【DV漫画】DV加害者はいい人そうに見える?外面の良さと二面性の罠

スマホを落とすのが怖いのでアイリング購入。「使いにくいんじゃないの?」と毛嫌いし...

さくらんぼ狩りなら山形へ!子どもから大人まで、ガッツリ楽しめるスポットだよ!

突然だけどサイトを作ろうと思う。ジャストアイデアバンザイ!

服に穴が開かない!感動の名札クリップ買ってみた