親子遠足に持っていくといいかもしれないグッズまとめ

こんにちは!七尾なおです。

先日、 保育園行事として親子遠足へいってきました。そのとき思ったことと、持っていくと良かったかな!?ってものについてまとめてみました。

来年もあるので、そのときの備忘録として残しておくよー!

ちょっと大きめの敷物

大人1人、子ども1人+持ち物となると、思ってるよりけっこうスペースとります。敷物は大きめがベターです。

うっかり小さめ持ってっちゃって焦りました。
あと、大きめのシートだとほかの家庭に「荷物置いていいよ〜」とか言えるので、ありがたい存在になれますよ!

少し厚めの素材だとお尻が痛くならなくて、ちよっとだけ幸せになれる♡

飲み物は携帯しやすくしとく

首から下げたり、リュックのポッケにインしたり。

と方法はなんでもいいけど、持ち運びしやすくしておくといいです。

大物の荷物は拠点に置いて、あとは各自遊んできて〜ってなることが多いので、持ち歩けないと不便。

熱中症とか 怖いので、 飲み物は持ち歩きましょう。

配りやすいおやつ

十中八九、おやつの交換パーティが始まります。うちの子はこのときが一番楽しかった!とニコニコしてましたよ。

配りやすい個包装のものをいくつか用意していくと、あげる方ももらう方も何かとやりやすそうです。

シェアできるデザート

おっきなタッパーに手作りのゼリーを作ってきたママさんがいたんですよ。その場でフルーツ缶開けて、とどんっと乗せて。

んで使い捨てスプーンまで持ってきてて、みんなに「どうぞ〜」って振る舞ってました。

すごい!

のひと言でしたね。おいしかったし!

得意な人はああいうのも、盛り上がるからオススメですよー。わたしには無理だけど。

「これどうやって作ったの〜?」なんて、ママ同士の交流にも◎。わたしも聞いたけど、クッキングセンス0なんで、たぶん活かせない。残念!

着替え一式フルセットで

水場があったり、滝汗かいたり、まー濡らします。全身フルセットで着替えを持っていきましょう。

水遊びっていったって、せいぜいスボンが濡れるくらいでしょ…なんて甘い。甘いよ!

うちの子、水路に寝そべって遊んでましたからね。ズボンはもちろん、シャツまで絞れちゃうくらいビッショリでした。

靴下とか、小物も要チェック!タオルも多めに持っていくと安心です。

ウェットティッシュ

やっぱ便利なウェットティッシュ。

濡らしたおしぼりでもいいけと、ワーッとこぼしたりするんですよ。そういうとき、ポンポンって枚数出せるウェットティッシュはやはり強い。

隣で食べてる子がこぼした時も、サッと出せるから被害が最小限で済みます。

カメラorスマホは首から下げる

必須ではないけど、この方が手がフリーになるし、サッとぱっと撮りやすいですね。

子ども達テンション上がってて、なかなかジッとはしてくれません。シャッターチャンスを撮り逃さないためにも。

LINEグループ

同じクラスのママさん同士でライングループ作っておくと、写真の共有ができて便利!

よそんちで撮った写真にうちの子のベストスマイルがあったり、その逆とかもあるからね。

グループに入ってないママにはちゃんと声をかけるとか、うまーく取りまとめてくれるママがいるとうまく機能します。わたしには無理だけど←そればっか。

日焼け防止帽子(ママ用)

焼けたくない。

親子遠足がんばろう!

上の子から数えると4回目だった今回の遠足。毎回持ち物とか便利グッズとか忘れるんですよね…

手慣れた・気が利くママさんを見るにつけ、自分のショボさに泣きたくなりますw

親同士の交流がニガテー!ってママ達も多いですよね。(わたし含め)

行くまでがとにかく憂鬱…その気持ち、よくわかります(´;ω;`)

そうは言っても行かねばならぬ、親子遠足。それならせめて、親子で楽しい一日を過ごせますように!

関連記事

wordpressブログ「さくらさくころ」始めました

さくらんぼ狩りなら山形へ!子どもから大人まで、ガッツリ楽しめるスポットだよ!

お金の使い方に対する、価値観の違い

趣味から始めるライター業。愛こそオリジナリティの源泉だ!【Webライターリレーコ...

【DV漫画】DV加害者はいい人そうに見える?外面の良さと二面性の罠

ひとりカラオケ歴10年の私が、ひとカラの魅力と楽しみ方について語るよ!