イチゴ狩りの概念を覆す!完熟ミガキイチゴを食べ尽くせ

こんにちは!七尾なおです。

イチゴ、好きですか?わたしは大好きです(この書き出し、どっかでも書いたな)

この間家族でイチゴ狩りに行ってきたんですよ。数年ぶりのイチゴ狩りで、ぶっちゃけあまり期待していなかったんですが……良い意味で裏切られた!っていう、イチゴ狩りレポをお届けします♡

イチゴ狩りといえばどんなイメージ?

わたしがイチゴ狩りに行ったのは、もう10年以上前のことだったと思います。

北海道に住んでいた頃、同じ職場の人達と連れ立って行ったんですけどね、もはや雰囲気を味わいに行ったようなもんでした。

 

地べたに這いつくばるようにしてイチゴを探し、それも小さくてすっぱいの。

べつに全然おいしくないの。

料金だけはバッチリ取られるけど、「ふつうにスーパーで買った方がいいじゃん、これ」ってレベルでした。

 

でもまぁ、みんなでわいわい行くのがいいんだよね、こういうのってさ……みたいな感じだったんですよね。
今回は義両親が来ているタイミングで、「シーズンだし、みんなでイチゴ狩りに行きましょう」って話が出たので行くことにしたんです。

子どもも楽しめるだろうしねってことで。

 

というわけで正直全然期待してなかった。

どこへ行くのかもわたしはノータッチだったので、行き先のサイトすら見てなかったんです。全部夫任せでした。

イチゴワールドへ行ってきました

というわけで、1ミリも期待しないまま連れてこられたのは宮城県山元町のイチゴワールド。

着くなり「あれ、なんかちょっとオシャレ……?」と、ただならぬ雰囲気を察知しました。

 

道なりに旗が立ってるんだけど、なんかデザインが現代的。

「◯◯狩り」にありがちな、田舎くさい感じがない。

 

なお

なお
これはいったい……?

 

目的地に着くなり、情報感度の高い義母が言うんですよ。なんか興奮気味に。

「これ、ミガキイチゴのところでしょ!すごくおいしくて、空港とかじゃ売り切れなんだよ!」

「ここって高設栽培だから、腰が痛くならないのよね~」

 

……はて、ハハは何を言ってるんだろう?(ライターのくせに情報感度が低い七尾)

でもどうやら、ここは話題のスポットらしいぞ、ということが伝わってきました。

 

広い!キレイ!うまい!ラクチン!

入ってみると……おおっ!

 

こ、これが噂の高設栽培?

地べたに這いつくばる必要がないというのは、こういうことか!

 

 

しかもすごくキレイ。

 

中央通路にはチョコレートファウンテンやら、パンケーキを食べるカフェスペースみたいなのやらが配置されていて、なんだこの素敵空間は……!?という感覚に。

 

素敵すぎるでしょ……

 

でもね、問題はイチゴですわ。

 

◯◯狩りといえばあれでしょ。

売り物にはできないようなさ、ちょっとイマイチなやつとかが出てくるんでしょ!

 

……なんて考えていましたが、いやもう、全力でお詫び申し上げたい気持ちでいっぱいでございます。

申し訳ございませんでしたああああ!

 

なにこれめっちゃ大きくておいしいじゃああああん!!!

こんなイチゴなかなか食べられないよおおおおお!

 

入口で練乳を渡されるんですけどね。↓こんなん。

いやね、いらないっすわ。

そんなもんつけなくても、十分に甘いんだものっ!!

家族みんなで黙々と食べ続けました。

 

たまに交わされる会話といえば、

 

「甘いね」

「大きいね」

「赤いね」

 

以上。

 

あとはとにかく食べる、食べる、食べる。

特に子ども達、ほとんど声を発さずに食べてましたからねw

 

イチゴワールドのイチゴは絶対に食べてみるべき!

宮城県山元町はイチゴで有名な地域なのですが、このイチゴワールドは特にすごい!

イチゴが好きな人になら、全力でおすすめしたい場所です。

 

今回はイチゴにがっついただけで満足して帰ってきましたが、チョコレートファウンテンにくるくるしたりパンケーキをつまんでキャッキャウフフしたり、そんな楽しみ方もいいですね~。

 

イチゴワールドは6月まで営業しているみたいです。

気になる方はぜひ行ってみてね~!

 

関連記事

webライター向けプロフィールアドバイスを受けました

ライターが屋外でポートレート撮影してきたよ!in仙台

スマホを落とすのが怖いのでアイリング購入。「使いにくいんじゃないの?」と毛嫌いし...

悩みまくった結果、ブログヘッダーはココナラで

【乙女ゲーム】英国探偵ミステリア(PSP版)の感想

2016年の気づきとともに振り返る。2017年の目標も!