【三国恋戦記〜オトメの兵法!〜】クリア後感想・その2

乙女ゲーム・恋愛アプリ

f:id:nao_2205:20190212014734j:image

※その1からの続きです。

ずいぶん前に友人から借りていた「三国恋戦記」。この度ようやく、ファンディスクの「思いでがえし」までクリアしたので、感想を置いておきます。

さっそくいってみましょう。ネタバレ注意!

翼徳

f:id:nao_2205:20190212014854p:image

翼徳は、いわゆるワンコちゃんタイプ。カゲやトゲのある御仁を愛するわたし的には、正直全然タイプではありません。

でも実際に攻略してみて、確かにときめきはあまりなかったけれど、すごくかわいくてキュンとしちゃうルートでした。

特に好きだったのが、ラストで花ちゃんが現代に帰っちゃう〜ってなったとき。寂しくて笑顔でバイバイできる自信のなかった翼徳は見送りに現れず、探しにきた花ちゃんの前で泣いちゃうんです。

セリフはうろ覚えだけど、「家に帰るのがお前のためってのはわかってるけど、やっぱり会えなくなるのは寂しいよ(´;ω;`)」的な。

あんな大きな体で、そんなん言われたらね……トゥンクッてなるわw

ちなみに、翼徳には酔うと裏の顔が出ちゃうって設定があるんだよね。二面性設定は実は大好きなので、ここもう少し深掘りしてもらえると、もっと翼徳好きになったかもしれないw

後日談ではほんのチラッとあったけど、裏翼徳と花ちゃんの甘い絡みも見てみたかったなあ、と。

子龍

子龍くんといえば、印象的なのはやはりラッキースケベですかねw 花ちゃんの水浴びシーンを、たまたま見てしまったという、あれです。

あのときの「わあああああ!」がもう、かわいくてかわいくて、何度も繰り返し聞きましたw

子龍くんはとにかく真面目で、恋愛とか眼中にないタイプ。なので、全体を通して甘さは控えめといった印象でした。

ラストも甘い感じではなかったものの、すごくカッコよかったなーと。

f:id:nao_2205:20190212014909p:image

子龍くんは恋愛については奥手……というかまだ未開発といった感じなので、それを見かねた?まわりの人からのチャチャ入れが楽しいですw

文若

いつも眉間に深い深い皺を刻んでいる文若さん。わたし大好きです。

花ちゃんについデレちゃう文若ルートの文若はもちろん好きだけど、それ以外でも好き。なんか喋ってるだけで和むというか、笑えるというか……良いキャラしてると思います。孟徳に振り回されて「丞相!」ってキレてるとことかw

文若は文官なので戦場には出ないけれど、孟徳と花ちゃんを守るために小太刀で戦うシーンは胸熱でした。絶対どっかでこういうシーンあるよなって予想してたけど、それでもキュンとしました。(チョロい女)

f:id:nao_2205:20190212014947p:image

この人も公瑾と同じく、よく死亡フラグが立つお人ですね。毒エンドってのがあるみたいなんだけど、わざわざ文若攻略時に文若が死ぬところは見たくなくて……結局見てません。悲しいんだもん。

個人的にすごい良かったのが後日談。例によって孟徳の策略により、花ちゃんと二人で出かけることになり。途中の山道で元譲が扮した山賊に襲われる(このシーン、大笑いした)ってやつ。

馬を奪われた二人は仕方なく山小屋で一夜を越すわけだけど、そこで文若が昂ぶって花ちゃんに激しくキスを……/////

ぶんじゃくさんに!こんなじょうねつてきないちめんが!!!

つって、花ちゃんと同じくらいわたしも驚きました。あと、ときめきました。破壊力ヤバイ。大好き。

早安

隠しキャラですね。仲謀の秘密の弟で、公瑾に使役されている隠密です。公瑾クリア後に攻略が可能になります。

仲謀からして既に花ちゃんよりも年下なので、早安はもっと下ってことなのかな。いまいち年齢がよくわからぬ……。

CVを担当されている岸尾だいすけさんは、もっと明るくて元気なイメージが強かったので、こういうクールな感じもいけるんだあと、本筋からズレたところで感心してしまいました。

早安ルートは、わたし的には甘さというよりほっこりかなー。隠密なんてやってるけれど、根はめちゃめちゃ良い子なんだよね、彼。

その分、このルートでは公瑾の悪役っぷりがヤバイw 公瑾推しのわたしですら、フォローしきれないほどの悪さでした……。

はじめの頃は当然心を許してくれないけど、徐々に心の距離が近づいて、早安も笑顔なんて見せてくれたりして。最終的には、二人で田舎に住んで村の人たちを助ける薬屋さんをやると。

なんか、「早安、よかったね……!(涙)」って感じで母性が刺激される展開でした。花ちゃんのこと、すごく大切にしてくれるしね。

しかし仲謀といい早安といい、孫家の安定感ハンパないな!

続きます。

※画像は公式サイトよりお借りしました。